U-18リトリート

 毎年春休み期間に柏崎のキャンプ場で行なわれるリトリートに教会の子どもたちを送り出しています。今年は牧師がU-18リトリートのキャンプリーダーもさせていただいました。このプログラムは主に中学生と高校生たちの交わりと教育です。私たちの教会からも2名の中学生と1名の高校生が参加しました。

           U-18-1.jpg
             柏崎のキャンプ場でU-18リトリートが行なわれました

 今回は「小さないのちを守る会」の代表である、ヤンキー牧師こと、水谷潔先生をお迎えしました。先生は、聖書からキリスト者の生き方をわかりやすく、明確に伝えて下さいました。そして、「小さないのちを守る会」の代表として、中絶問題、10代の恋愛・性、そして結婚の備えについて鋭く切りこんでくださいました。

            U-18-2.jpg
             メッセンジャーは「小さないのちを守る会」の水谷先生です

 全部で6回のメッセージがありました、キャンパー達は飽きることなく食い入るように話を聞いていました。リトリートを振り返って、当たり前のことですが、中学生や高校生に届くメッセージを語り続けることが、よいリトリートとなるカギだと思いました。
 6回のセッションと言うのは過去のリトリートと比べるとかなりボリュームがあるのですが、いつもは、義務的に証をするキャンパー達が、最後は全員、自主的に証を語りました。この出来事が、今回のリトリートの成功を物語っていると思います。
 来週から始まるU-30、U-13リトリートも期待しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらこそ感謝!

過分なご評価をいただきありがとうございました。キャンパーの霊的感性の豊かさに支えられて、力いっぱい奉仕をさせていただきました!感謝しております。

No title

こんにちは。U-18リトリートでは本当にお世話になりました。先生のブログにも取り上げていただき、こちらにまでコメント頂き、感激しております。また、再会できる日を心から楽しみにしています。