上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なかなか梅雨入りしない新潟地方です。天気は悪くないのですが、低温注意報が発令されるほど寒い6月となっています。講壇にはひまわりが飾られ、一足早い夏の到来です。

     花と講壇24
            少し早く夏の装い

スポンサーサイト

 教会のタオルが痛んできたので、新調しようと相談したところ、感染症の予防のためにタオルペーパーを導入することになりました。一階とニ階の洗面所に設置しました。

      タオルペーパー
            クリアケースがオシャレです

 礼拝に、塚田真理子・ツゥグー宣教師をお迎えしました。先生方は聖書翻訳の働きをインドネシアで行っておられます。数年前にも来ていただきましたが、今回も宣教報告をしていただきました。聖書翻訳の働きは地道な時間のかかる働きですが、着実に前進している様子を伺い、とても励まされました。

     真理子師1
         塚田宣教師による宣教報告礼拝でした

 そして、今日は花の日でした。午後からは恒例となっているカナン寺山への訪問を行いました。塚田宣教師ご夫妻も同行して下さり、かつて日本ではやったインドネシアの古い歌を歌ってくださったり楽しく盛り上げてくださいました。

      カナン1
         午後からは花の日の訪問を行いました

 ペンテコステの日曜日でした。久しぶりに五泉・加茂・新潟聖書の三教会合同で礼拝を行いました。会場は秋葉区の里山ビジターセンターです。初めての会場でしたが、落ちついた雰囲気で礼拝をささげることができました。

     里山4
        ペンテコステ合同礼拝を行いました

 今回のハイライトは、合同礼拝で初めて聖餐式を行ったことです。信仰を同じとする者たちの礼拝の恵みを再認識しました。
 午後からは食事の交わりやクイズ大会など、楽しいひと時を過ごすことができました。また次回が楽しみです。

 カモンガイズの講演会が巻教会で行われました。やや活動が停滞気味のカモンガイズ(下越地区青年会)ですが、今年は巻き返していきたいと願っています。

     カモンガイズ講演会
       巻教会でカモンガイズの講演会が行われました

 今回は約一年ぶりに講演会を行いました。スピーカーは日本同盟基督教団・北赤羽キリスト教会の砂原和史牧師です。新潟がご出身ということもあり、同盟教団の方からも多くの参加があり感謝でした。
 先生がかつて奉仕をされていた広島でのユースミニストリーの経験をもとに、教会が若者の居場所となっていく意義をお話し下さいました。講演も素晴らしかったのですが、先生のような若手の伝道者が登場すると本当にワクワクします。50前にして「若手牧師」などと言われてしまう私を蹴散らしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。